おてもちのはなし

自分の所有物に付属する記憶を愛でるブログ

Dr.Martens メリージェーン


f:id:loverikasan:20190314005131j:image

f:id:loverikasan:20190314005135j:image

 

Dr.Martens  メリージェーン 

 

19歳、学校帰り何度も試着して、超お金がないのに下北沢店で現金購入したのをよく覚えています。しかも他店取寄せで。 

マーチンらしい足おっきいね〜になるオーバー気味のつま先デザインはもちろん、

このステッチ無しのメリージェーン、土踏まずのアーチとベルトマークの位置が絶妙で、その二点が合わさるくびれがなんとも愛らしく…

とにかくフォルムにべた惚れしているシューズです。

汚れが目立つようになった今は染めQで赤からグレーにカラーチェンジしました。また新鮮な姿が可愛すぎて見るたび動揺しています。アーメン。

   

新品でDr.Martensを買ったのは初めてで、あまりの皮のかたさにかかとが負けてしまい、血だらけになり、半泣きになりながらローソンでキズパワーパッドを購入した秋を思い出します。

  

どうしようもなくデザインが気に入った既存の靴ならば、サイズ感になりふり構ってられないのが私の女心であり所有欲の意地です。いかに工夫して履いて馴染ませていくかが勝負なので、、


なんだかんだで履きすぎてかかとがほつれてしまったので騙し騙しで縫い直すもどうにもならずジャンクとしてメルカリに出品しました。

その後どうしても忘れられずもう一足美品をメルカリで購入しまして、今はその2代目です。

 

  その頃古着にとにかくハマっていて、あの独特の甘い服の匂いと一期一会感に虜になっていました。毎週末学校帰りに下北沢に通ってたといっても嘘ではないです。金はない。

  

お気に入りはシモキタマーケットというヨーロッパインポートの激安店だったのですが、なんてったってサイズがガバガバで、それもそれでイケてると思ってしまうものですよね。真っ青の編み上げの効いたワンピースを、和服を着た友人と麻布のフェチイベントに着ていった思い出があります。

 

人生皆アオハルファッションはアバタエクボです。