おてもちのはなし

自分の所有物に付属する記憶を愛でるブログ

未開封のウィンストンとタバコケース

f:id:loverikasan:20190314152927j:image

未使用のウィンストンとタバコケース、

あと元アルバイトで勤めてたクラブのライター。

私、タバコ吸いませんがどうしても捨てられずずっとしまってある品。

大阪で買いましたが、一度も吸わずに手元にあります。

   

一年半くらい付き合って一緒に住んでた(転がり込み)大好きだった12個上の彼氏とセックスレスになってて、

何故抱いてくれないのかを聞いたら「女の子として見れない、ただの居候の女子大生って感じ」と私生活が原因でフラれた日。

  

その彼が吸っていたタバコを和室の棚から一箱パクって大泣きしながら最寄駅近くのコンビニで吸った覚えがあります。

クソマズイ煙を吸いながら、たしかに、向こうからキスをしてもらった最後はいつだろうか…と冷静になりつつ。

ヘビースモーカーでコーヒーも飲み、歯が汚かったドギツい彼の退廃的な舌の味を思い出しながらフラれて2ヶ月くらいはバカバカ吸ってました。

   

今までタバコは苦手な方だったので、最近吸い出したというのはなんか負けた気がして誰にも内緒で深夜一人で吸うことがたのしみになっていたのです。

終電、バイト帰りで帰宅したタイミングで吸うことが日課になりだしてしばらく、彼のではなく自分の好きな香りのタバコにシフトチェンジし、

缶ハイ片手に深夜徘徊をしていた所、チェーンのファミレスくらいしか開いていない私が住む最寄駅に、奇跡的に3時まで空いてるシーシャ屋さんをみつけました。

いつも空いてる店内でトルコ人のオーナーさんに話を聞いてもらいながら、「ラク」という水を入れると白濁するお酒にシーシャの煙を含みながら流し込むという新しい遊びを覚えたりしましたが、

初めて金曜日に行った日に腹の立つ若者に絡まれてから行かなくなりました。

   

自分の好きなところの1つで、失恋からの立ち直りが早いというのがありまして。

新しい彼が出来たタイミングでやめました。

 

恋愛体質っていいものなのか悪いものなのか。